「バケツに穴が空いていた」そんな状態だった私。

昨日は牡羊座の新月。

私の中でもちょっとだけど大きな気づきがありました。
長い間向かえていなかった自分を認めてみることについて。

うれしいこと、怒りたいこと
かなしいこと、たのしいこと

目まぐるしく感じている日常。

 

今はゆったりとした時間が流れている中でね、

ふと過去の出来事を思い出すとどこか空虚でしんどさを感じる。
なんでかなとちょっと引っかかりを覚えていて。

昨日、目にした文章にハッとした。
「がんばっている自分を認めてる?」って。

自己肯定って大事、頭ではわかっている。

でも、ズキッときてしまったのは…

なんだかんだでがんばっているのに。
私が私を認めていない。

 

まだやれるはず。

足りないところを見つけて「もっともっと」
追い立てて、苦しくなってしまっていた。

 

しかも、そのがんばりは見せちゃいけないものって。

そんなことで縛ってた私はきっとかなりのよくばり。
・・・どこのかっこつけやさんなんだろうって。

もっと素直に

「私がんばった」
「できることをやった。」

受け入れることが必要だったんだ。

 

「やってる」=「実行に移す」

それだけで0じゃない。
20や30かもしれないし、
もしかしたら70あるかもしれない。

その上でよくなるにはどうしたらいいって考えたらいいって。
続けることで100に近づける。

それだけでいいんだって。

そう思ったら気持ちがすごく楽になった。

 

 

自分ではもう限界と思っていても
周りからも追い立てられる言葉が投げられて
「なんで?」
ものすごく嫌な気持ちになったのは
もしかしたら、私自身、引き寄せてたのかもしれない。

 

 

ほっとして涙ボロボロ。

悲しみがずっと残りっぱなしだったのかもしれない。
張りつめられていてしんどかったのかもしれない。

 

 

そんな中、よくがんばっていたよね。
誰も見ていなくても、私自身が認める。
「よくやった」って。

もっともっとの自分から、そろそろ卒業できる。

そんなメッセージがやってきた昨日。
やっと、バケツの穴が塞がった、そんな感覚。
これからもっとパワフルに動けそう。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

ただいまランキングに参加中です。
応援クリックしていただけると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ








The following two tabs change content below.

たにがわりさ

名前:たにがわりさ 職業:パステル講師・作家 オリジナルアート アクアパステル、フロスティアート考案。 元SEの経験を生かしパソコンを使ったオンライン講座・講座構築が得意とする。北海道から九州に受講生を持つ。 2017年10月1人娘を出産、現在は育児の合間に少しずつ作品作りから復帰中です。
たにがわりさ
名前:たにがわりさ 職業:パステル講師・作家 オリジナルアート アクアパステル、フロスティアート考案。 元SEの経験を生かしパソコンを使ったオンライン講座・講座構築が得意とする。北海道から九州に受講生を持つ。 2017年10月1人娘を出産、現在は育児の合間に少しずつ作品作りから復帰中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA