Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Newカッティングマシン導入〜どんな視点で選んだか?〜

たにがわりさです。

 

4月に2代目のカッティングマシンを導入しました。
「どんな感じで選んだの?」とご質問いただくこともありまして
今回、私のカッティングマシン購入についてお話ししますね。

 

そもそもカッティングマシンって?

まずカッティングマシンは
自分で作成した文字やデザインのデータを電動カッターでカットする機械です。
ステッカーシート、アイロンプリントシート、紙など色々な素材をカットできます。

詳しくはこちらをどうぞ!

 

 

私の使用用途

私は主にパステルアートのテンプレート作りに使っています。

手で切っていくよりもキレイに切り抜くことができ
データさえ作っておけば、
同じテンプレートを繰り返し作れるところが重宝しています。

クリアファイル素材で作るのが主流ですが
私は使いこごちを重視して、
紙に近い感触&薄さを持つ素材をテンプレートにしてます。
(何を使っているのかは基礎講座でお伝えしています♪)

 

1代目の機種と買い替えを考えた理由

私が1代目に使った機種はシルエットカメオ2。
2015年に購入しました。

値段はエントリー機種ということもあり手ごろで、
データも付属のソフトで簡単に作れるのがうれしい点でした。

 

ところが何度か使っているうちに
カットの時間やカット失敗のロス
だんだん気にかかるようになってきて…。

1シートだけだったら
「ま、いっか」と思うところなんだけど
10、20シートと繰り返すとだんだん悩ましい問題に。

「どうにかできないものかな‥」
買い替えを検討し始めたのが今年です。

 

いよいよ買い替え。私の選んだ機種は?

今回の買い替えはユーロポートさまにお世話になりました。

はじめはシルエットカメオ3の予定でした。

ただそれなりの枚数を切る用途には
性能を少しあげたほうがいいのかもしれないと思い
カッティングマシン専門店ということもあり、
用途にあった機種を色々相談に乗ってもらいました。

 
<買い替えの時に重視したこと>
  • カットの位置づれ、切り抜き不良を減らしたい。
  • カットの時間を少しでも短くしたい。
  • 刃出しや速度の設定が手軽にできる。

 

今回、最終候補に上がったのは2機種。

<私がいいなと思ったところ>
  • 素材の厚みを感知して刃の出し量を自動設定ができる。
  • パソコンを使わなくても原稿をスキャンしてカットができる。
  • 価格帯がCE6000-40 Plusに比べて手に入れやすい。
<私が気になったところ>
  • カッティングマットが専用のものしか使えない。

 

<私がいいなと思ったところ>
  • プロ仕様の機種のため、カットスピード、カット圧、精度が高い。
  • イラストレーターから直接カット指示が出せる。
<私が気になったところ>
  • 性能と価格が似合ったものか?
  • 刃の調整、各設定が手動なので、切るまでに時間がかかりそう。

 

この時点では「スキャンカット」が優勢だったのですが、
最後の決め手はテストカット。

素材とデータを送って、実際に試し切りをしていただいたのです。
精度を見ると一目瞭然でした…

薄型の素材ということもあり、
「スキャンカット」は少し破れが出るのがネックでした。
「CE6000-40 Plus」だと切り抜きがしっかりできていて、
最終的には後者を選びました。

クリアファイル素材だったらどちらも大丈夫だと思うので、
刃の自動調整ができ、パソコン要らずの
「スキャンカット」を迷わず選んでいたと思います。

試し切り大事ですね!!

 

 

実際に使ってみて 〜「CE6000-40 Plus」〜

届いた機種を見て、かなりゴツイのにびっくり!
「これは使いこなせるかな…」というのが第一印象でした。

設定など色々覚えることが多くてはじめは少し戸惑いました。

いざ、準備して使ってみると…

カットスピードの速さにびっくりしました。
ゆっくりの設定にもかかわらず、あっと言う間に出来上がり。

 

驚いたのは精度。
設定をしっかりすれば、ほぼミスなし。

前の機種がカット待ち後、
最後の最後でミスに何度も凹んだだけに
スピードアップできてうれしい!

イラストレーターが使えるので
より柔軟にテンプレートが作れそうで
私自身ワクワクしています。

 

そうそう、今までむずかしかった細かい模様も
自分で作ることができてうれしかったです。

この作品の模様はカッティングマシンで切りました。
色々できそうで時間を見つけて使ってみようと思います。

 

最後に

私の機種はややオーバースペックなのですが
カッティングマシンは使いこなせばとても便利です。

オリジナルのステンシル、型を作ってみたい方は
ユーロポートさまのように
切りたい素材とデータがあれば試し切りをしてくれるお店もあります。
はじめのハードルはちょっと高いかもしれないけど、
ぜひ試してみてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
応援クリックしていただけると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【皆様へご相談】
 新しいことをはじめるにあたって皆様へご相談があります。
 もしよかったらご意見をお聞かせください。
 矢印WordPressを使ったWeb制作のメニュー化について

 

 【パステルアート講座一覧】
 


アクアパステル 動画レッスン対応講座】
 

 随時受付中

 

 8月開講は満席のため、受付終了しました。
 次回は9/9受付予定です。

 
 動画レッスン対応は2019年秋予定です。
    
 

 

【お知らせメール配信】  
 



連絡先一覧】
  


 

 

 

 

The following two tabs change content below.
たにがわりさ

たにがわりさ

名前:たにがわりさ 職業:パステル講師・作家 オリジナルアート アクアパステル、フロスティアート考案。 元SEの経験を生かしパソコンを使ったオンライン講座・講座構築が得意とする。北海道から九州に受講生を持つ。 2017年10月1人娘を出産、現在は育児の合間に少しずつ作品作りから復帰中です。
たにがわりさ
たにがわりさ
名前:たにがわりさ 職業:パステル講師・作家 オリジナルアート アクアパステル、フロスティアート考案。 元SEの経験を生かしパソコンを使ったオンライン講座・講座構築が得意とする。北海道から九州に受講生を持つ。 2017年10月1人娘を出産、現在は育児の合間に少しずつ作品作りから復帰中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA